安全・安心なクルマ社会を目指して

旭自動車株式会社 代表取締役
山本 孝Takashi Yamamoto

Top Message

多くの人のカーライフの安心、安全を追い求め、
地域のお客様のお役に立つ会社を目指しております。

自動車そのものが目まぐるしく進化している時代。私たち整備・塗装を担う企業も、その進化に足並みを揃えていかなければなりません。例えば、自動ブレーキシステム。きちんとセンサーが正しく作動していても、正規の位置についていないことによって誤作動を起こす可能性もあります。
自動車が便利、安全と言われるようになる一方でより高度な整備が求められるのです。お客様が当社で修理した自動車は安心安全だと思っていただけるために、毎年最新鋭の設備への投資は欠かさずに行っております。
フレームの寸法や自動車の歪みを数値で確認する「3次元車体計測器」、自動車の足回りがずれていないか数値で確認する「3D-4輪アライメント」、自動ブレーキや車線逸脱装置等のレーダーやカメラの較正するエーミング機器など多くの設備を導入しております。それはより多くのお客様のお役に立てるようになりたいとの思いからです。
今では知多半島だけでなく、三河、名古屋、一宮など遠方からはるばるご来社していただけるお客様も増えてきております。
社員にも当社で働くにあたって、ただ作業をするのではなく、多くの人から旭自動車は必要とされていることを理解し、それをやりがいに感じてほしいと思います。
私たちはこの半田市に根差して、多くのお客様のために安心安全を追求し、成長し続けていきます。

従業員には誇りを持って働いてもらいたいですね。

それでもこれほどの設備投資は様々な方に驚かれます。そこでもうひとつ、投資する根拠を語るとするならばそれは「働く人の安心・安全のため」ですね。
先ほどもお話しした通り、自動車の構造は複雑化してきています。するとお客様としては、きちんと整備されているか知りたいと思うでしょうし、社員も自信を持って「整備できている」と言えるようにならなければなりません。
ゆえに、きちんとした設備の充実は不可欠なのです。これは働く人の安心・安全に他なりません。「テュフ ラインランド鈑金塗装工場認証」を得たのも同じですね。とても厳しい監査でしたし、簡単に得られるものではありませんでしたが、それで自分たちの仕事に自信が持てるようになったので意義ある事だと思っています。
これだけの環境や条件が揃っているのですから、従業員のみんなにはぜひ誇りを持って働いてもらいたいですね。価値のある仕事をしているんだと思ってもらえるように、休憩室にはお客様からいただいたアンケートを掲示しています。
たくさんのお喜びの声が寄せられているので、ただ仕事をするのではなく「自分たちはお客様のお役に立っているんだ」と感じてもらいたいですね。

もっと地域貢献!もっと喜ばれる会社になりたい。

これは私が個人的にやりたいと考えていることですが、交通遺児(交通事故によりご両親を亡くされた子どものこと)への寄付ができればと考えています。
地域社会の中で、私たちなりの方法で貢献していきたいのです。もっと顧客に寄り添い、お客様のカーライフを生涯にわたってサポートするという私たちのスタンスはずっと変わりません。なにかお車のことで困ったことがあったら、すぐ役に立ちたいですし、必要な時に必要とされる会社でありたいと思っています。そしてぜひ、その想いに共感してくれる方と一緒に働きたいですね。

イメージ
イメージ

staffvoice

臼井 宏明 写真1 臼井 宏明 写真2

臼井 宏明 工場長 2002年入社(転職組)

前職はl車のガラスの製造。
車はもともと興味があり、
経験を積み、今では工場長をしています。

仕事のやりがいって。仕事を覚えていまは工場長で現場を任せていただいています。責任感はありますが車が好きですので楽しんで仕事をさせていただいています。
しっかりと元の状態に戻すことができ元どおりになった車を見たお客さんが喜ぶ姿がとても嬉しいですね。車はやはり一つ間違えば、人や物に危害を加えてしまうものですから、安心安全を提供することが大切だと思います。
旭自動車は社長が地域オンリーワンを目指しています。ですので先を見据えた設備の充実を率先して行ってくれます。お客様に対してもですし我々社員に対しても満足できる状態を望んでいるのだと思います。

山本 卓矢 写真1 山本 卓矢 写真2

山本 卓矢 フロント担当 2018年入社

金融関係からの転職。
異業種からですがお客様と接することは同じ。
人に喜ばれる仕事に誇りをもっています。

旭自動車株式会社1年目で業務はフロント担当をしております。フロント業務は当社とお取引頂いているデイーラー、モータース様、保険会社様、個人のお客様と修理や自動車に関する相談を受け付けする窓口をする重要な業務になります。
旭自動車で働き始めて特に感じるのは、社長が常々話している多くの人の「お役に立つ」という考えのもと、従業員で考え、仕事をしているということです。
私自身人の役に立つことはとても好きなことで、前職は金融関係の仕事をしておりました。個人、法人への外回りを担当していたので、そこから現在のフロント業務と通じるものがあると感じています。しかし似ているところもありますが、異業種に転職したわけですので、自動車のことは興味があっても、それを仕事にするのは多くの不安がありました。そんな時に困ったことがあるとすぐに助けてくださる先輩方が多くいるのも、旭自動車のいいところで強みだと感じています。
私は現場で作業をしているわけではありませんが、現場で多くの方々のお役に立つためにどうやったらもっと品質を上げていけるのか、日々改善し、そこに向けてひたむきに努力されている先輩方の姿をよく見ます。素晴らしいことだと私は思います。現在の自動車業界が激変していく中で、旭自動車は時代の最先端をいき、多くの方々に必要とされる会社を社長を含め、みんなで目指しています。

募集要項

仕事内容 事故車輌の修復作業として鈑金・部品の取替えを行います。手作業による鈑金作業。
フレーム修理機、4輌アライメントテスターを用いての修復作業。
募集対象 興味のある方(異業種からでもやる気があればOKです)
勤務地 愛知県半田市住吉町4-90
必要な免許・資格 普通自動車免許(AT限定不可)
給 与 基本給(月額平均)又は時間額200,000円~400,000円(各種手当て有り)※当社規定による
賞 与 (前年度実績) 年2回 又は 20万円~112万円
休 日 日祝、各月本人希望の休日1日、GW等大型連休あり。
加入保険 雇用 労災 健康 厚生 退職金制度:あり(勤続3年以上)
indeed